Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/miyashin/www/avante/avante/wp-includes/post-template.php on line 284
シクロクロス、MTV

シクロクロスで称名滝へ。その後大日岳、奥大日、室堂、弘法、八郎坂周遊デュアスロンその1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ちょっと前まではシクロクロスでとんがり山を往復していっぱいいっぱいになっていたのが、気がついたらシクロクロスで称名滝を目指すなんてw

それどころかその後に大日岳も登っちゃうなんて(^^)

ごきげんようミヤシンです♫

そろそろ富山マラソンまで一ヶ月近くになっていますが、自転車も乗りたいし、登山もしたいし、トレランもしたいしLSDもやりたい。

そんな欲張りな自分の欲求を一日で叶えてきました。

コースはまずシクロクロスで称名滝まで行き、そこから大日岳を登山し、奥大日を縦走。そのまま室堂に抜けて、天空ロードを弘法までラン。最後に八郎坂を下って、シクロクロスで家まで帰るという行程です(^^)

このランのパートは事前に調べると高低差はともかく距離は30キロと言うことで一日はかからないなと思っていました。また途中の食事も行動中に糖質を定期的に補給してやることで時間を取る必要もないし、マラソンに比べたら歩くパートが休憩と考えていました。

ということで称名滝まではシクロクロスで行くことにw

当日は4時45分に起きて準備して家を5時40分にスタート

途中コンビニでコーヒーを飲んで2時間半程で称名滝に。
途中シクロのタイヤとフラットペダルに何度も心折れそうに。そしてその後続く行程を考えると力も出し切れないまま程々の力でなんとか到着。

シクロを称名滝の駐車場にロックして大日岳登山道を目指します。ここで一旦天気予報を確認すると15時位から雨予報が。とりあえず室堂までは行って最悪帰りはバスも検討しようととりあえず先に進みます。

今回はソロなので道中さっと写真だけ撮って先を急ぎます。
右手に滝の音を聞きながら何人か下山の人とすれ違います。どちらまで?と聞かれ、おそらく返ってくる答えは大日岳と想定してたのに、室堂と答えるとかなりびっくりされます。


8時57分 牛の首



この辺はまだほとんど紅葉もありません。


9時8分 少しづつ赤い葉っぱが


9時21分

鎖場を抜け大日平の木道は少し走ります。

大日平山荘を超えてからそびえ立つ傾斜を登っていきます。

 

10時11分

標高が進むに連れ紅葉が進んできます。

10時17分

標高もだいぶ高くなってきます。

10時28分

尾根が見えてきます。あと少し。

10時36分

尾根まで登りきると前方に劔が現れます。何度見ても感動。

10時37分

10時45分

標高2501メーターの大日岳到着です。ここまでは2時間20分。先を急ぎます。

大日岳からの富山平野

一旦大日小屋まで下ります。

次のピークは奥大日岳。

ここからはどこを見ても360度のパノラマが。贅沢な時間です。

11時2分

中大日岳通過

 

 

11時7分

七福園

石のお庭に到着ですね(^^)

奥大日に向けて道も険しくなってきます。写真では伝わりきりませんがかなり怖い木道(^^)

鎖場も何のその。

11時22分

11時48分 奥大日頂上に人が(^^)

11時52分

奥大日岳頂上到着

大日岳よりも更に剱岳が大きくなります。

頂上には先客がいて記念撮影をされていたので私も何枚か写真を撮って室堂に向かいます。

この辺からは更に紅葉が進み常に感動しっぱなし(^^)

奥には天空ロードの七曲りが

奥の方には地獄谷の煙が

剱岳もずっと見守ってくれます。

 
その2に続きます。

 

 

コメント

コメントを残す

*