アバンテイベント

毛勝山 登山レポート その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自転車部 兼 登山部のおおきたです。

FB向けに長文書いたのでついでにブログに転載します…w

8/18はTEAM AVANTE登山部で毛勝山登山へ行きました。

行き先はお盆時期で混むだろうとのことでマイナーな魚津市の毛勝山(200名山)をチョイス。

標高は2415mと低めなものの、スタートの片貝山荘が標高700mのため標高差は1615m…
コースタイムは登り7時間、下り5時間20分、日帰りピストンするには持って来いの過酷な山です…w

そんな過酷なイベントに参加した奇特なメンバー(順不同、敬称失礼)
エロッキーえっきー、Sだ足首強靭コーチ、Fわらクール、Fい超人アラレ、Tもりメキシカン、Nむら少し太った?、Aね今日も絶好調、Tおか今日もガンダム、おおきた変態の9名。

4時に富山東パーキング、4時半に魚津インターに待ち合わせ。
魚津インター前にセブンで買出しをしていると時間がギリギリなのにAねさんがトイレへ.…
(゜ロ゜;)エ、オクレテマスケド…w
「少し遅れます」とKのうさんに電話するも出ない…と思いきや今日はKのうさん来ないんだった…w
あとで「今日は行きませんよ?」とメッセージが…本当にごめんなさい…w

そして5時過ぎに片貝山荘到着。

無人の片貝山荘にトイレに行ったFいさんが「トイレが怖すぎ!」と言っている…僕はそっち系に弱いのでトイレは我慢する…w

そして5時半に記念撮影をしてスタート

右手の橋を渡って舗装路を100mくらい登ると左手に白い石と赤いテープがぶら下っている。


ネットの記載の通り、登山口の看板もなんもなし。

そこからいきなり標高差200mくらいの直登…その後も断続的に直登と水平移動を繰り返しながらどんどん高度を上げる。

直登と言っても早月ルートとかと違って本当に所々ほぼ60~70°の斜度を時には岩を掴みながら、時にはロープを使ってよじ登る…マジできつい…(x_x)

1000mを超えていくと木々の合間に向かいの駒ケ岳?(標高2002m)が見えてくる。

Tもりさんが今日も絶好調で大笑いが山に響くw

途中Aねさんが適当な棒を拾って杖にしだす…そしてその杖を「Aね棒」と名づけるwww

途中、木のほこらがあったのでみんなで入って遊ぶw

1200mを超えて休憩するとその先のえっきーさんが「ここから藪っぽいのでおおきたさんヨロシク!」www

と思いきやきれいに手入れされているのか藪も大したことなくそのまま先頭で登っていると、死角になっている上方向の木に3回ほど頭をぶつける….(T^T) イタイヨ…

7:30 標高1479mの三角点で2度目くらいの休憩。

そこからも結構きつい斜度の尾根道をよじ登っていく。

どんどん高度が上がり滝倉山(標高2029m)の向こうに白馬岳が見え出す!


後ろには富山湾と能登半島がバッチリ見える!


テンションが上がる!(*゜▽゜)b

そして何度目かくらい登りと下りを繰り返し、9:20 モモアセ池(2023m)に到着!

きれいな草原で女子4名がAね棒にまたがって魔女宅ごっこをしている…w

そしてモモアセ池であまね棒は捨てられる…w

モモアセ山を越すと雪渓が!

そしてしばらく行くといよいよ毛勝山の山頂と釜谷山が見え出す!

毛勝山山頂の左には旭岳、白馬岳、杓子岳、唐松岳まで北アルプスの名峰がくっきり!

そして10:30 クワガタ池(2130m)到着。
皆クワガタじゃないじゃんと文句を行う…w
でも皆でクワガタごっこをして遊ぶ…バカなアラフォー達…w

しかし暫くのぼって振り返るときっちり「クワガタ」のように見える。
皆で「ごめん、クワガタだったわ」と謝る…
(゜Д゜;)ダレニ?w

そしていよいよ最後の直登へ。


ここが本当にはんぱなく直登…が、先頭のFわらさんがすごいペースでよじ登っていく…
Nむらさんはゼェゼェ言っている…さすが鉄人…マジすごいっす…Orz

そして急斜面と浮石と格闘し11:15 毛勝山登頂!

達成感が半端ない!ヽ(*’▽’*)ノ

頂上は草原になっていて本当に気持ちいい!
そして今まで見えていなかったら山頂の裏側が見える!
北アルプスのすべての山々、そして横から見る剣岳と立山!


日本海から北アルプス、まさに360度の絶景!

そしてみんなで揃って記念撮影。


毛勝山の看板が手で持てるので皆で写真撮影でいい年した大人が遊ぶ…w

そしてお待ちかね、広い草原の思い思いの場所で皆お昼ごはんを食べる。


そして食べ終わって昼寝をするコーチとふじいさん…気持ち分かります…w

「パンがパンパン」の撮影のために持ってきたパンは膨らまず…ショック…Orz

かなり長居をして12:40下山を開始。

下りも急斜面のため踏ん張らなければならないためかなりきつい。
午後になり雲も出てきた…そして気温も上がりムシムシしてくる。

途中糸魚川から来たはんぱないじいさんと一緒に下るも、休憩していると先にスタスタ行ってしまう。

モモアセ池でAね棒を回収、Tもりさんのカラフル帽子をひっくり返してメキシカン帽にして遊ぶ…w

そこからは地獄の下り…まずえっきーさんが左膝が死亡…Tおかさんの怪しい薬のお世話に…w

そのTおかさん、登りでは足を貯めていたためか先頭でコーチとFいさんについて下りをかっ飛ばす。
それについていくNむらさん…速い…すぐ見えなくなった。

Aねさんもヘロヘロになってフラフラ歩いている。
Fわらさんと僕は足裏に豆ができ掛けていて低速走行…

しかし標高1000mくらいでとよおかさんも回収、疲れたのか?
コーチとFいさんはトイレに行きたいので先を急いだらしい…この2人本当にすごい…

そしてゴール直前で先を行ったはずのNむらさんが棒立ち…足が爆笑しているらしい…w

そして17:30 全員無事(?)に下山!

今日も本当に疲れた…登山だったのにトレラン薬師岳よりもきつかった気が…

今日も一緒に苦しみ、一緒に笑った最高の仲間に感謝!ヽ(*´▽`*)ノアリガトー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*