AVASHOP

自分が参考にしたマラソンの教科書的な本ベスト3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
マラソンの教科書的な本で自分が参考になったものベスト3を上げたいと思います!
いずれもアマゾンの電子書籍キンドルで購入でき、1000円以内で、スマホでも、タブレットでも、PCでもいつでもどこでも読めますのでおすすめです。
自分は気になるページなどをスマホのスクリーンショットに撮って、お気に入りに入れてたまに見ています。
まずベスト1位はなんと言ってもこれでしょうか!?
2017年の富山マラソンで2回目のフルマラソンを終え3時間半をギリギリ達成した後に
次の目標は?
ということで、購入しました。
今までマラソンのペースは前半から飛ばすポジティブスピリットが多かったのですが、前半は抑えて、30キロ過ぎからペースを上げるという目からうろこ的な本です。
また、サブ4サブ3とレースの3ヶ月前からのメニューがみっちり紹介されています。
このメニューを3ヶ月前からみっちりやりこめば、目標の必達間違いなしです!!
目標別で具体的なメニューが書いてあるのもなかなか珍しいと思います。
前回までは30キロ過ぎで一番早くなるマラソンのメニューをやりこんでいたのですが、自分にはアレルギー性鼻炎という病気を患っていて、鼻の中のポリープが大きくなってくると呼吸を追い込む練習ができなくなってきました。その因果関係はその時は気づかずにいましたが。
それまでの練習法とはまた真逆で、インターバル走や30キロ走は効果なし。
という練習スタンス。
私も4回目のフルマラソンではインターバル走はやりましたが、この本に習い30キロ走は一回もやりませんでした。しかし月間走行距離はなんだかんだでそこそこいきますし、このサブタイトルは読んだばかりの時は少し釣り気味な気がしていましたが、今では理解できます。
そんな私も今まで1年間で2回、計4回フルマラソンを走りましたが、毎回違う練習方法にて、なんとか自己ベストを更新してきました。
そして、自身5回目となるフルマラソンも今新しい取り組みでメニューを考えている最中であります。
ホットな話題としては下記リンクもおすすめですね〜

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*