ブログ

持久系スポーツにはクエン酸を摂取しよう\(^o^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

クエン酸とは

 

クエン酸(クエンさん、citric acid)は、柑橘類などに含まれる有機化合物で、ヒドロキシ酸のひとつである。爽やかな酸味を持つことから食品添加物として多用される。漢字では枸櫞酸

 

またノーベル賞で有名なクエン酸回路とは!?

クエン酸回路(クエンさんかいろ)とは好気的代謝に関する最も重要な生化学反応回路であり、酸素呼吸を行う生物全般に見られる。1937年ドイツの化学者ハンス・クレブスが発見し、この功績により1953年ノーベル生理学・医学賞を受賞している。

解糖脂肪酸β酸化によって生成するアセチルCoAがこの回路に組み込まれ、酸化されることによって、電子伝達系で用いられるNADHなどが生じ、効率の良いエネルギー生産を可能にしている。またアミノ酸などの生合成前駆体も供給する。

クエン酸回路の呼称は高等学校生物学でよく用いられるが、大学以降ではTCA回路TCAサイクル (tricarboxylic acid cycle) と呼ばれる場合が多い。その他に、トリカルボン酸回路クレブス回路 (Krebs cycle) などと呼ばれる場合もある。

 

 

まぁ難しいことはよくわかりませんが、昔から疲れた体には梅干しやレモンの酸っぱいのがいいというそれです!?(^^)

 

クエン酸は疲労回復と脂肪を優先的に消費させる為持久系スポーツにとっては有効と考えられています。しかし、とっても酸っぱいため直接摂取するのは大変です。

自分はドリンク750ccで8g程摂取しています。

 

 

また、長時間アクティビティを行う場合は1日の摂取上限15gをカプセルに入れて摂取しています。ちなみにクエン酸は肝臓を通さないので万が一摂りすぎてもおしっことして出るだけです。

フルマラソン時はスタート前に6g摂取しています。

作り方ですが、まずはクエン酸

 

そしてカプセルですが、一粒で1gになります。

最後に手で詰めるのは大変なので専用のカプセルピンセット

 

こんな感じです\(^o^)/

 

疲れやすいと感じている方も是非やってみてください。1日の単価が安く済むのでお薦めですよ〜

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*