スイム

OWSTOYAMABAY2019の記録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


 

2019年9月8日日曜日

富山県で初めての

世界で最も美しい湾クラブに加盟する

美しい富山湾での

OWSTOYAMABAY2019は無事終了しました\(^o^)/

そしてその記録をアップします。

設営

大会実行委員とボランティアの方々で朝の5時から準備を開始。

大会一週間前から台風が複数発生し、これだけ準備をしてきたのに台風で中止説も頭をよぎりましたが。。。。

当日家を出た時風が少し気になりましたが、会場の岩瀬浜に着くとほぼ無風。

海のコース設営、陸のテント設営などチームごとに別れ設営開始

 

6時45分設営はほぼ終わりボランティアミーティングへ。

音響も準備オッケー

 

受付開始

8時から選手の受付がスタートします!

海抜ゼロメーターから3000メーター級の立山連峰も一望できました!

ビーチクリーン大作戦

と同時にビーチクリーン大作戦も開始です!!

 

通常ただゴミを拾うビーチクリーンですが、ビーチクリーン大作戦ではいろんなポイントによってランキングを付けると言った競技となっています!!

 

ゴミの量も測量するのですが、純粋に1位を表彰するのではなくゴミだけに5位と3位を表彰します。

ライフセーバーも準備に入ります

選手の安全と安心をサポート

開会式

そして開会式へ

富山市市議会議員議長、舎川実行副委員長の開会宣言から始まり

2000年シドニーオリンピック1500メーター自由形出場、荒瀬実行委員長の挨拶

来賓代表でタモリカップなどを富山県に誘致した美しい富山湾クラブ高桑事務局長の挨拶。

なんと前日までセーリングの極東杯で日本にいないなか当日に数ヶ月前に渡していたOWSTOYAMABAYTシャツを着てサプライズ登場!!

感動しました。

我々が普段当たり前のように見ている海岸からの3000メーター級の立山連峰。

世界でも珍しい景色であり、改めて我々は子供やその次の世代にもこの恵まれた自然を保全していかなければと再認識させられました。

荒瀬実行委員長の競技説明の後は試泳です。

試泳が終わるといよいよスタートです!!

予め泳力に自身のない人と60歳以上の人は赤色のキャップを被ってもらい、スタート直前は混み合うのので後方スタートを促します。

スタート

そしてスタートは水深膝くらいから。

カウントダウンが始まります。

 

沖では北消防署の隊員が水上バイクで競技中の万が一にそなえ待機をしてくださっています。

 

ゴール

そして種目別に750メーターの選手から次々ゴール

 

 

 

 

泳ぎきったあとは達成感からかみんな素敵な笑顔!!

同級生トリオ

陸での安全をサポートして頂いていた医療チーム。当日はお陰様でお世話になることはありませんでした。

 

サポートありがとうございました。

審判を担当して頂いたトライアスロン協会メンバー

現場を盛り上げて頂いたゆるキャラばいにゃこさんと三太くん

 

閉会式

表彰式各種目男女別に3位まで表彰されます。

ビーチクリーン大作戦もたくさんゴミを集めていただきました。またビーチクリーン大作戦だけのご参加の方もたくさん来ていただきました!

ありがとうございました。

 

まとめ

思えば3月に急遽立ち上げたこのOWSTOYAMABAYという企画

 

 

荒瀬実行委員長と合流し

OWS練習会とビーチクリーンは6回行いました。

 

富山県で初めてのOWSの大会。参加選手がどのくらいいるかわからず初めての人でも気軽に参加して頂けるように練習会を実施。それに伴い環境のことも参加選手や関わる人にも海の現状を知ってもらおうとビーチクリーン活動を実施。

私自身海洋ゴミのことなど多くのことを学べました。そしてただ大会をやりたいというだけではなくいろんな側面から協力して頂ける方の力を借りて今回OWSTOYAMABAYが無事終了したことに感謝します。

短い期間で色んな方々の協力を経てまたご迷惑もおかけし、エントリーはクラウドファンディングという異例な方法にもかかわらず58名のエントリーを頂きました。

新聞、ラジオ、テレビなどにも取り上げて頂き、勝手ながら今年の10月に行われる世界で最も美しい湾クラブの世界総会の機運醸成を高めたいということで突貫で突き進んできましたが、いい意味でも悪い意味でも想定外の事がたくさんありました。

嬉しいことに遠くは愛知県、海のない岐阜県、石川県、福井県からもエントリー頂き、少しでも美しい富山湾をPRできたでしょうか。

企画や申請などの準備がとにかく大変だったOWSTOYAMABAYですが、振り返って写真を見てみると沢山の笑顔がありました。

完泳率100%で事故やトラブルなく終了したこと本当に嬉しく思います。

ありがとうございました。

 

OWSTOYAMABAY2019
http://owstoyamabay.com

#世界で最も美しい湾クラブ
#美しい富山湾クラブ
#富山県体育協会
#富山市体育協会
#北日本放送株式会社
#富山県トライアスロン協会
#富山市トライアスロン協会
#株式会社OSCAR
#株式会社シンコー
#サイクルショップクラカワ
#akarieHELTHCARECOMPANY
#ゴールドカレー
#おざわ歯科医院
#株式会社エムテック
#川淵望梨子行政書士事務所
#ChampionSystem
#ファーストヴィジョン
#TherapyHouseAyus
#株式会社ボンリブラン
#川上実業株式会社
#富山県観光課
#富山県環境政策課
#北日本新聞社
#海上保安庁
#富山北消防署
#富山北警察署
#PEC富山
#海と日本プロジェクト
#岩瀬浜漁港関係者
#富山県港湾事務所
#キャンプファイヤーパトロン
#宇奈月女子化プロジェクト
#ばいにゃこさん
#三太
#大会運営ボランティアスタッフ
#その他関係者様

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*