自転車自走|大日岳、別山、雄山、室堂、称名滝1日周遊コース

日帰りで称名滝から大日岳、雄山の周遊コースを堪能しました!

家から自転車で\(^o^)/

過去に称名滝、大日岳経由、室堂までの周遊コースは経験があったのですが、雄山まで行ったことがなかったので今回挑戦してみました!

コースはこんな感じです。

称名滝までシクロクロス。

 

称名滝970m〜大日岳2501m〜奥大日岳2611m〜剣御前小舎2760m〜別山2880m〜雄山3003m〜室堂2450m〜弘法1630m〜八郎坂

自転車パート往復65キロ

登山ランパート34キロ

当日は富山市にある自宅を3時半にスタート!

桂台まで車で来られたTさんと合流し称名滝駐車場を目指します。

 

自宅から2時間10分かけて33キロ地点の称名滝駐車場に到着。

なんと今回ご一緒したTさんは64歳でトライアスロン挑戦を決め今一緒にスイム練習をしているアバンテメンバー。

また立山マラニックに19回も出場経験のあるレジェンドなのです。

称名滝駐車場に自転車をロックして大日岳登山口を目指します。

6時30分登山スタート!

3時間程で大日岳に到着!その後の奥大日を目指します!

その後奥大日から別山へ

奥大日を過ぎ剣御前手前あたりから3.5リッター持ってきた水が底を付き始めます。。。

 

12時半に剱御前小舎に到着。コーラ500円、水2リッター900円を購入し、

一気にリフレッシュ!?

雄山を目指します!

13時20分別山到着。

今回別山→雄山ルートは初めてのルートだったのですが、よく登山者が縦走したと聞いていたので割とすぐなのかな?と思っていたのですが、結構距離があり大誤算でしたねww

14時40分雄山登頂。。。

あとは一の越、室堂経由で下ります!

一の越から室堂の丁度中間地点にて、なんとクマが!!

結構道の近くまで降りてきていました。。。

Tさんはこの事を室堂の県警事務所に報告しに行きました。流石の行動です。

もうだいぶ満腹感ありますが、ここからアルペンルートをランで10キロちょいを弘法まで下ります。

標高が下がるに連れ気温がじわじわと上がり再び汗が吹き出してきます。

今日一日で何回も見た剣岳。この大パノラマが写真では伝わらないのが残念です。しかし何回見ても飽きることがありませんね!

爽快にアルペンルートを下るTさん。

この辺で私のガーミンがバッテリー切れでストップw

弘法からは八郎坂を下ります。

もう既に足がガクガクです。

18時半過ぎ無事称名滝に到着。再びシクロクロスで家を目指します!

20時無事自宅到着!

まとめ

天気にも恵まれ絶好なアクティビティ日和となりました!しかし剣御前小舎ぐらいから風がビュービューで体感温度は急降下。山の天気は何があるかわかりません。スピードハイクな為軽装で行っていますが、もし歩けなくなってしまった場合は低体温症の危険もあります。真夏の山行で天気予報が晴れでも、雨具の準備やエマージェンシーキットなども持ち歩きましょう!

今回も何もありませんでしたが、道中何があるかわからないので、エスケープルートの事前確認などもしておいた方がよいですね!今回は室堂まで辿り着けばバスなどを利用できます。道中何度も室堂からバス経由が頭をよぎりましたがw

しかし、海も山もある富山県。富山市から2時間も自転車を漕げば称名滝に到着し、そこから3時間ほど登れば標高2500メーターの眺望が見渡せるとはなんとも贅沢なロケーションです。そして体力に合わせていろんなルートが選べるのもとっても魅力的です。準備をしっかりして楽しい発想を一つ一つ実現していきたいですね!!\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 


🇯🇵スポンサー🇯🇵
株式会社With様
株式会社仲瀬組様
おざわ歯科医院様
Therapy Housu Ayus様
フルタ接骨院様
株式会社エムテック様
サイクルショップクラカワ様
株式会社シンコー様
オスカー様
チャンピオンシステム様
医療法人 財団五省会
西能病院
整形外科センター西能クリニック
海と日本財団推進パートナー
美しい富山湾クラブ会員

 

北日本新聞にToyama Online Resultsを掲載していただきました

本日7月1日の北日本新聞に掲載して頂きました。
誰でもエントリーできます!
是非ご参加下さい!集まってのスポーツのイベントがなかなかできないので、2020年を空白の年にしない為に、オンランの企画を考えました。普段の練習を大会と見立て写真と共にエントリーして頂きます。

ランニング、バイク、スイムの他に、縄跳びや鉄棒など、お子さんでも参加して頂けますし、種目も増やして頂けます!^_^

距離や、タイム、回数など記録は自己申告です!
参加は無料で、参加Tシャツご希望の方は3000円になりますが、売り上げの一部は医療機関に寄付させて頂きます。

https://toyama.mobi/

主催 Toyama Online Results実行委員会

協働団体

A.C.TOYAMA
富山ランニングクラブ
TEAM AVANTE
まるごとTOYAMA
Niko Aʼs Running Family
Team しょうみょう
大好き!富山湾プロジェクト
いたち川ランニングクラブ
リボルバー
あいのかぜジェントルライド実行委員会
太陽スポーツ
合同会社NANTo

協賛
OSCARHOME
OSCARJ.J
住まいるOSCAR
オスカー不動産
GREENSTAGE

医療法人 財団五省会

西能病院/整形外科センター西能クリニック

 

♫イベント予定

7月26日(日)ビーチクリーン in 岩瀬浜 9時スタート

同日 10時

オリンピアンOWSクリニックの詳細も決まり次第またお知らせ致します!

 

普段の練習などを大会とみたて誰でも参加できるオンラインのイベントをやっています!

無料エントリーお待ちしております!

 


🇯🇵スポンサー🇯🇵
シンコー
おざわ歯科医院
オスカー
サイクルショップクラカワ
Ayus

フルタ接骨院
仲瀬組
With
エムテック

 

シクロクロス千葉 第1戦 C3の結果はいかに!?

自転車部のオキタンです。

冬休み最終日はシクロクロス千葉 第1戦に参加。

C3カテゴリーで優勝しました!
ヽ(*´▽`*)ノ イエーイ!

(以下、長文詳細)

長文につきご興味のある方のみどうぞ。

前回、12/23に信州シクロの南信州ステージで国体ジュニア長野県代表に破れて撃沈……気を取り直して次戦を検討。

1/6に開催されるシクロ富山の第3戦か、同日開催のシクロ千葉の第1戦のどちらかにしようか考えたものの、富山は人数足りなくて昇格不能だろうということで、妻の実家へ帰省ついでにシクロ千葉にエントリー。

しかし前日にエントリーリストを見ると…C3は63名エントリーとな…Orz
その中から昇格は3人と狭き門に…
_(´ཀ`」 ∠)_ ウウウ…

夜中の次女の夜泣きに悩まされつつも朝5時に流山を出発。

(本日の機材)
バイク : Lapierre Cross Carbon (2013)
タイヤ : Maxxis Mud Wrestler Clincher
タイヤ空気圧 : F/R=1.7/1.8bar

(スタート前)

天気は快晴。

しかも関東は1週間以上雨が降っていないということで砂塵舞い散る完全ドライ。

6時半前に到着してコースを徒歩で見てまわる…気温2℃…寒い…

前半は芝生の小山のアップダウンの繰り返しとシケイン、中盤に砂浜セクションがあり、後半は森のテクニカルなダートセクションというバランスの取れたコース。

砂セクションはトータルで300㍍くらいだけど下車が必要なのは海辺に出る20㍍、海辺から上がる20㍍の2箇所のみ。

海辺は波打ち際が硬く締まった砂なので乗車できる…(*´▽`*)

深い砂セクションはトータル40㍍しかないので、砂の乗車は最初から諦めて、芝生区間と森のダートセクションをメインにタイヤの空気圧をセッティング。

まずはF/R=1.7/1.8barで試走へ。

良いフィーリングだったのでそのまま2周…しかしダート区間の木の根っこで結構リムを打つ…念のため空気圧を前後で0.2bar上げてもう1周走るも今度はトラクションが下がって前輪スリップ…Orz

と言うことで最初のセッティングで本番は行くことに。

バイクの掃除用に水をバケツに汲んでたのに砂なので必要なし!w

(レース)

スタート10分前にコールアップされて並ぶ。
3列目のイン側から3人目。
あまりの多さにビビるので後ろは見ないように…w

昇格基準は3位まで!
レース時間は30分。

そして笛と共にスタート!


(写真はC4-Aです)

今日はクリートが一発ではまらずまごまごしていると数人に抜かれて20番手くらいで最初のカーブへ。

小山への上りをアウトからダンシングで抜きにかかろうとするも外回りなので労力の割に順位が上がらない…Orz

そしてヘアピンを外から回ると枯葉で前輪スリップ!
一瞬焦ったけど足をとっさに出たので、大事には至らず…

なんとか1人づつ抜いて砂浜突入時には12番手くらいに。

そして最初の深い砂セクションは皆が乗車で乗り切ろうとする四苦八苦する中、予定通り速攻下車してダッシュ。
そして海辺は乗車して、次の深い砂セクションもまた速攻下車してダッシュ。

潔く割り切った戦法のおかげで砂セクションでごぼう抜きして昇格圏内の3位まで浮上!
ヽ(*´▽`*)ノ ワーイ!

次の森ダートセクションでは2位が遅いので短い直線で横に並びかけるも、次のコーナーで外から被せられる…Orz
抗議の意味で「おーい」と声を掛けると焦ったのか次のコーナーで2位がオーバーランしてコース横の網に絡まってストップ!

労せずして2位に浮上…(T^T) スマン…

そして1周目終了と同じくして1位(東大の選手)に追いつく!

2周目、アナウンスで残り3周(全4周)。

小山への最初の上りで東大にインから並び掛けて「右にいるよ」と冷静に声を掛けて抜き去る!
東大生、息が結構荒いな…オーバーペースか?

そしてテクニカルセクションを抜けて砂浜に出る頃には5秒ほどのギャップを作ることに成功、砂セクションが終わるとさらに広がって10秒以上にに拡大。

2周目の砂セクション終わるまでかなりプッシュしていたので僕も結構いっぱいに…Orz

以降、気持ちペースを抑える。

そして2周目終わる頃には東大はいよいよ見えなくなり完全な一人旅に。

そこからは後ろを伺いつつギリギリのペースで進める。

コントロールラインを超える度にアナウンサーの方が「富山のTEAM AVANTEのおおきた選手!」と宣伝してくれている。

ありがとうございます!m(_ _)m

そしてラスト1周。

もう優勝を確信していたのでペースを抑えても良かったけど、先頭が手抜きしてたら一所懸命応援して下さっているギャラリーに失礼かなと無理しない程度に攻める…w

砂浜から上がるタイミングで後ろを確認すると後続はこれから砂浜に入るところだった…w

そして鼻水を拭いてw 身支度を整えてガッツポーズでゴール!

多分2位以下を30秒くらい離してのぶっちぎり優勝!
60人のレース、全員倒しての優勝はこの上なく嬉しい!
ヽ(*´▽`*)ノ

ゴール後、1度もレース中に見なかった2位と3位の選手と健闘を讃え合って握手。

開口一番2位の選手は「ぜってー追いつかねーって!w」と言われた…w
これって「おーさこハンパネーって!w」と同じだなと思いつつ、謙遜したら嫌みかなと何も言わずに微笑みで返しておいた…w

表彰式では大層な表彰状とチーバ君人形を頂く。

次女に良いお土産ができた…( ´∀`)b

さぁ、次からはC2に昇格!
泣く子も黙る(?)C1まであと1勝!
頑張りまーす!( ´∀`)b

以上、長文お付き合い頂きありがとうございまして…m(_ _)m

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-9236231101909788”,
enable_page_level_ads: true
});

シクロクロスで尖山まで行ってみた

正月最後の休みは、午前中15キロ程ランして午後からは天気も良かったので毎年一回はやっているシクロクロスで富山市にある自宅から尖山まで行ってきました(^^)

 

距離はバイクパートが40キロ、登山パートが4キロ程。登山パートはシクロクロスを押したり、担いだり。

 

天気が良くてサイコーでした!!

これをやるとすれ違う人、頂上でお会いする人にかなりびっくりされます。

また必ず話しかけられますよ!?

 

是非やってみて!?\(^o^)/

 

 

 

その時のGOPRO映像はこちら


シクロクロス・ミーティング 南信州ステージ

自転車部のオキタンです。

12/23(日)、シクロクロスミーティング(旧・信州シクロ) 南信州ステージに参加してきました。

C3カテゴリー昇格後初レースで2位でした。

C2へ1発昇格を狙い遠征しましたがあえなく撃沈…1位ハンパネー…Orz

(以下、長文詳細)

12/2に富山シクロでC4からC3に1発昇格したので、次戦、近場のレースを考察。

12/16 東海シクロ ワイルドネイチャー
12/23 信州シクロ 南信州

YouTubeで昨年のレース動画を研究すると…ワイルドネイチャーは砂地獄…南信州は草地メインでテクよりパワーで押し切れるっぽい…

ということで迷わず南信州をチョイス。

長女が冬休みなので家族連れで実家の浜松に前日入り、そこから朝5時に出発して片道3時間ドライブして参加。

(本日の機材)
バイク : Lapierre Cross Carbon (2013)
タイヤ : Maxiss Mud Wrestler Clincher
タイヤ空気圧 : F/R=1.7/1.8bar

(スタート前)

天気は予報に反して雨…せっかくの芝生の高速コースがスリッピーな重馬場確定…Orz

8時前に到着して受付済ませてコースを徒歩で見てまわる。

大体YouTubeで見たのと同じも、後半に乗車で乗り切れる砂セクションが30㍍…その後下車必須の泥沼区間が20㍍…
_(´ཀ`」 ∠)_ ウウウ…

パンをモグモグしつつバイクを準備。

草地メインとはいえ砂と深い泥があるのでとりあえずタイヤの空気圧をF/R=1.7/1.8barで試走へ。

大体問題なく走れるけど、芝生コーナーから覗くちょっとした泥でズリッと滑る…Orz

ということでF/R=1.5/1.6barに下げて試走2周目。
今度は滑らないけど段差でのリム打ちが気になる…と言うことでレースは少し滑ってもパンクリスク低減のためにF/R=1.7/1.8barで行くことに。

たった2周の試走でバイクは泥まみれ…ディレイラーに噛み混む草…まさかのレース前に1回洗車…w

(レース)

スタート5分前にコールアップされて並ぶ。2列目のイン側から2人目。

エントリーは19名だったのに雨で3人ほど減ったか?
いずれにしろ上位10%以内が昇格条件!絶対1位を取りに行くと決意!

レース時間は大体30分。

そして号砲と共にスタート!

クリートを冷静にはめてからイン側から抜きにかかる。

なかなか前が開かずにイライラして強引に内からバイクをねじ込む…と、コースが狭まるタイミングで併走になってしまいハンドルとハンドルがぶつかって怒られた…
(;▽;) ゴメンナサイ…

仕切り直して少し待つと集団がばらけたのでスタート後300㍍のダブルトラックでやっと先頭に。

そこから踏むとすぐ抜け出せて5秒くらい集団が離れる。

今日も余裕かなとそのままギリギリのペースで1周目終了。
後ろを確認するとタイム差はあまり広がらず5~10秒くらいかな?

2周目、1分前にスタートしたCM1+2+3(40歳以上のマスタークラス)の最後尾に追いつくとテクニカル区間で抜けずにペースが落ちる。

ロードレースなら「どいて!」と罵声を浴びせるところですが、シクロはお行儀が良いとのことで黙って1人づつ抜きにかかります…

団子のまま泥区間に入るタイミングでラインがなくなり完全にストップ…その間に後続が追いついてきてしまった…Orz

なんとか先頭は守り切り3周目に。
コントロールラインを超えるとあと3周のトータル5周の表示…レース時間40分近くなること確定…Orz

3周目の序盤に黒いジャージの選手が前に出ます。
高速区間はドラフティングが楽なので暫く後ろに着くも結局は遅いのでアタック1発で切り捨てていく。

3周目、中盤のアスファルト区間で「イナーメ信濃山形」の選手に抜かれる。

今度のやつはパワーがスゴい!
完全なルーラー体型!
こんなやついたっけ?と少しパニックになるくらいキレイなエアロフォーム…w

でもコーナーリングが下手で後半のテクニカル渦巻き区間で落車…w
あっさり先頭を取り戻す。

なんとか先頭で4周目突入!

しかし4周目序盤、イナーメが追い上げてきて高速区間でまたぶち抜かれる…今度はあまりの速度差に着き切れ…
ヽ(;▽;)ノ アアア…

タイミング悪くCMクラスが挟まったりしてその差が開いていく…その後のテクニカル区間で「快レーシング」の選手にもパスされる。

しかし快レーシングはテクニカル区間は速いがもう足がない。

ということで次の高速区間であっさり引き離して単独2位に。

そのまま5周目も順位を維持するもイナーメはどんどん離れていく…

そしてなんとか2位を守ってゴール!

結局イナーメは最終的には40秒差くらい付けられただろうか?

失意の表彰式ではシャンパンファイトならぬ炭酸ファイト…w

景品はホッカイロ2枚とうちわ!w
参加賞のリンゴ2個の方が嬉しかった!

振る舞いの豚汁もあり、アットホームな雰囲気が嬉しい…(*´▽`*)

帰宅後調べるとイナーメは19歳の昨年の国体ジュニア長野代表でした…w

他にもインカレロードに出た選手が混ざっていたみたい…Orz

井の中の蛙、大海を知った遠征となりました…(T^T)

以上、長文お付き合い頂きありがとうございまして…m(_ _)m

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-9236231101909788”,
enable_page_level_ads: true
});