ズイフト|グランフォンドKOMORI×ろんぐらいだぁすとーりー

昨日はバーチャルライドアプリズイフトのイベントに初めて参加しました!

事前にズイフトコンパニオンでゆるそうで100キロ以下くらいのイベントを物色。

時間が合いそうだったのが、グランフォンドKOMOROというイベント。

どうやらアニメろんぐらいだぁすとーりず!のコラボ企画みたいです。その作者の三宅さんが走行リーダーとなりチャットしながらゆるりと走るとのことで参加してみました!

事前にズイフトコンパニオンで参加エントリーして、10分前にズイフトオンにして準備。

どうやら650人ぐらいが参加するみたいです(^^)

スタートするのを待ちます。

スタート3秒前

スタートしました!みんな同じジャージを着て650人が一斉スタート!なかなか迫力があります!

なんとこの日は自身ローラートレーニング最長の1時間51分をマークしました!

距離にして53.5キロ。

いろんな人やいろんなイベントに参加することによって1人では今まで20分から30分が限界だったローラートレーニングもかなり充実したものになりました!外でロードバイクに乗っても公道では信号などがありますから2時間近く足を地面につけないということなんかレースぐらいしかありませんよね。

このイベントは毎週日曜日13時から6月28日(日)までやっていますよ!!

バーチャルライドでも大勢で走ったらやっぱり楽しい!落車や事故の心配もありませんしね!!(^^)

 

タオルが一本ではびちゃびちゃで仕方ないので2本準備しています。またドリンクも足りなくなるので2本は必要ですね!!

 

ズイフトのグループライド機能MEETUPやってみた!!

急遽開催する事になったズイフトのグループライド走行機能MEETUP!!

富山マラソンゲストランナー、あいの風ジェントルライド発起人、トライアスリートである水越ユカさんとズイフトでセッションしてみました!!

前々からズイフト内で知り合いと一緒にライドできないものかと模索していたのですがやり方などわからず諦めていました。

またグループライドのやり方は予め一緒に走りたいメンバーと時間とコースを決めて走ればいいのかな?と思っていました。それでもなかなか時間が合わずなどで実現に至らなかったのですが、今回急遽水越ユカさんがズイフトを始められてブログでMEETUPなる発言があったので!?気になって調べてみたのでした。

MEETUP機能とは!?

MEETUP機能とはグループ走行機能で、予め時間、コースなどを決めておいてフォロワーを招待してグループ走行を実行する機能なのです。

またリアル走行では走力の違いから千切れたりしますが、オプション設定により千切れてバラバラになることを防げます。

グループ走行MEETUP開催の仕方

まずはズイフトコンパニオンなるアプリをインストールします。

ズイフトコンパニオンとは機能は色々ありますが、ズイフトユーザーズイフターを検索したり、自分のアクティビティの履歴を確認したりできます。またズイフトで走行中は様々なアクションができるのですが、スマホにインストールすることにより、PCなどでズイフトをされている方はそのリモコン的役割をしてくれるのです。

MEETUP機能を主催や参加する場合は、主催する人から相互フォローされていないといけません。

イベントを立ち上げる時は、日時とコース、ライド時間または距離を決めたらフォロワーを誘うことができます。

あとは開催時間の前にログインしていればスタート場所に飛びます。

スタート前のアップの様子

MEETUP START!

序盤は水越さんに引いてもらっていました。この日は1時間のライド予定。イマイチどんなペースで走ればよいのかわかりませんw

なにげに今まで水越さんとはライドをご一緒した経験がなく、走力がイマイチわからなかったのですが、速い!!

グループ走行機能で千切れてしまうことはないのですが、抜いたり抜かれたりの調整はどうなっているのか!?

若干不思議ではあるもののライドをこなしていきます。

途中スプリント区間を2回通過したのですが、2回目は水越さんに負けてしまいました!!w

ということで初めてのMEETUPは1時間のライドで終了しました!!

まとめ

ズイフトのグループ走行は単純に楽しい。今までズイフト内に走行している人は知らない人ばかりでしたが、知り合いと走行すると楽しさが全然違いますね!!またこれはリアルでも同じですが、1人でやるより途中で辞めることがほぼないのでトレーニング効果が高いですね!

そしてデジタルならではの機能ですが千切れる事がないので途中で千切れてやる気が無くなってしまうということもありませんw

そして、飽き性のわたしはズイフトでもなかなか長いことローラートレーニングはできなかったのですが、MEETUP機能を使えばリアル走行と変わらないトレーニング時間が得られそうです。

またローラートレーニングのメリットは

準備する時間が短い

落車や交通事故のリスクがない

が最大のメリットだと思います。

実走行のトレーニングとスマートトレーニングとうまく使い分けていきたいですね!!