ブログ

トップスピードを上げるために速く泳ぐのをやめてみる。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

12月からスタートした荒瀬洋太のオリンピアンスイム。

最近はスイマーの方から楽しそう〜などホームページから問い合わせを頂き練習に参加される方が増えています。

泳力によりチーム分けして泳いでいるのですが、中級初級クラスはフォームや泳ぎ方などオリンピアンに指導してもらえるのです。

先日私も教えてもらっている方の説明を聞いていたのですが、なるほどと思うことが多々ありました。

普段一人で泳いでいてもそういう気付きはなかなかありません。

自分もそうですが大人になってから水泳を始めた人は基礎が出来ていない事が多いのである程度は練習を積むことでタイムも縮まるのですがそこから先は頭打ちになってしまいます。

実はフォームの改善で気になっていたことがありました。

ランニングで言ったらフォアフットみたいな感じなのですが、スピードを上げるために取り入れたほうが良いのか?

スイムでも今までそれを取り入れると負荷がかかるので一時的にスピードが落ちる印象が。。。

でも負荷がかかるということはそれだけ伸びしろがあるということか?

という結論づけて一時的にスピードは落ちますが、フォアフットの時のように焦らず取り組んでみます。

その他にもフォームを意識して長い距離をがんばると後半はフォームが崩れがちになるので短い距離でフォームを意識するようにします!!

 

年末は大晦日マラソンやってます\(^o^)/

今年は不要な衣料品をお持ちください。
余ったものはリユースショップに売却してパラアスリート団体に寄付します。

エントリーはこちらからお願いします。

当日直接来られる当日参加も可能です。

 


🇯🇵スポンサー🇯🇵
シンコー
おざわ歯科医院
オスカー
サイクルショップクラカワ
Ayus

フルタ接骨院
仲瀬組
With
エムテック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*